ぎっくり腰

ぎっくり腰とは・・

ぎっくり腰とは・・のイメージ

急に腰をひねったり、重い物を持ち上げようとしたときなどに強い腰痛が発生するのを俗に「ぎっくり腰」とよんでいる。
痛みのために腰部の運動が制限され、また体を動かすと腰痛が増強し、痛みが激しい場合は起立歩行が困難なこともある。その本体となる疾患はいろいろあるが、一般には腰筋の部分的挫傷(ざしょう)あるいは腰椎(ようつい)椎間板損傷であることが多い。また、腰椎棘間靭帯(きょくかんじんたい)の断裂の場合もあるとされている。いずれにしても、寝たまま安静にしていれば痛みは軽減する。
腰筋の部分的挫傷では片側の傍脊柱(ぼうせきちゅう)腰筋に限局性の圧痛があり、普通は腰椎前屈時に痛みがとくに強くなる。この場合は一般に比較的短期間に軽快するが、慢性化することもある。腰椎椎間板損傷では椎間板ヘルニアの場合があり、脊柱が側彎(そくわん)し、腰椎の運動が困難で、根性坐骨(こんせいざこつ)神経痛をきたす。いずれの場合も専門医に受診して痛みの原因を明確にし、適切な治療を受けることが必要である。

ぎっくり腰になってしまったら

まずは安静に!

基本的に痛い動きはしないように、まずは安静にしてください。1番腰に負担が少ないのは、横になって膝を深く曲げた状態です。

次にアイシング

氷嚢(なければスーパーの袋などでも可)に、氷を3~5個入れて、氷が浸るくらい水を入れて、患部に15~20分のせます。
少し様子をみて、まだ痛むようなら再度アイシング(15~20分)を何度か繰り返してください。
もし、冷やして痛みが強まるようであれば、すぐにやめてください。
※氷水は0℃以下にならないので凍傷になる心配はありません。アイスノンなどで代用される場合は凍傷になる可能性がありますので、くれぐれもご注意ください。

お風呂はやめておきましょう

どうしても入りたい場合は、シャワーのみでサッと入る。 シャワーの後、痛みが強まるようなら、すぐアイシングをしてください。

寝るときは横向きで、エビのようにひざを深く曲げて寝る

起き上がるときは、必ず一度横になって手をついて体を起こしてください。

※自分で立てるようになったら、早めに治療を受けましょう!
 当院は、ぎっくり腰をはじめ腰痛の治療を得意としておりますので、安心してご来院ください。

24時間メールでの受付 カウンセリング無料! WEB予約・相談 お気軽にお立ち寄りください 桜坂駅より徒歩1分 アクセス
21時まで 診療してます!!

あしなが整骨院

お問い合わせ
092-715-5117

営業時間:
9:00~12:30
14:00~21:00
土曜・日曜9:00~16:00
休業日:祝祭日

平日21時まで診療してます!!

住所:
福岡市中央区桜坂1丁目1-1
最寄駅:桜坂駅
駐車場:多数

フォームでのお問い合わせ

ご質問等、お気軽にご相談ください。

  • RSS配信
  • RSSヘルプ